アイフルではなにをチェックされるのか -

消費者金融

2014年3月14日

たくさんある消費者金融会社の確認方法

消費者金融会社は日本に本当にたくさんありますよね。どこで借りたらいいのか、たくさんありすぎて迷ってしまいます。

多くの方は、まずプロミスやアコムといった大手消費者金融で即日融資に申し込むということになるでしょうか。テレビコマーシャルなどもよく見かけるような消費者金融会社なら、それほど心配なく銀行感覚で借り入れすることができるでしょう。

大手でない消費者金融、それもあまり名前を聞いたことがないところで借り入れしたい場合は、「本当にきちんとした消費者金融会社なの?」という不安が真っ先にでてきます。

日本貸金業協会のウェブサイトには、各都道府県ごとの貸金業者のリストをみることができるページがあります。自分が利用予定の業者を調べてみるとよいでしょう。また、検索することもできるようになっていますので、名前などをいれて確認してもよいでしょう。悪質な業者の検索も可能です。利用前には必ず一度日本貸金業協会のウェブサイトで確認することをお勧めします。

借り入れ目的や借り入れ金額から、消費者金融会社を選ぶことになります。金利の比較、ATMの設置数や振り込みキャッシングができるかといった利便性だけを見ず、安全性に関しても確認しなければなりません。悪質な業者は名前を変えたり、登録番号を偽ったりといくらでも手段を講じているものです。平常心なら「まさか、こんなところで申し込まないよ。」というところでも、お金を準備するという緊急時には冷静な判断を下せず借り入れしてしまうこともあるのです。

消費者金融

2014年2月13日

アコムからの郵送物はACサービスセンター

キャッシングカードの利用明細書は支払方法として口座振替を希望している方には明細書を希望する場合にはアコムは自宅あてに送付を行っています。
毎月月末までに自宅で受け取ることができます。
希望しない場合には自宅に郵送はありません。
気になるのは「アコム」として送られてくるのかということでしょう。
郵送物はすべて「ACサービスセンター」という名前で送れらてきますのでアコムであることを判断される可能性は少ないでしょう。

さてこの明細書。
どんな時に手に入れることができるかと言えば、自宅に郵送されるほかにアコム専用のATM利用時、店頭窓口での利用時に限られています。
提携コンビニATMやアコムで10万借りるときなどで返済をしたときには詳細な明細書ではありません。

明細書は必ず目を通しておきましょう。
現在の自分の債務状況を知るためにはこれほど見なくてはならないものはないというほどのものです。
現在自分がどのくらいの借り入れをしているのか、現在までに返済できた金額はどのくらいなのか確認しておきましょう。
もし今返済中なのだとしたらこれだけの回数の返済を行ってきたのにこれしか元金が減っていないと驚くかもしれません。
落胆はあるかもしれませんが今気が付いてよかったとおもいましょう。
元金がどのくらい返済できているのかを確認しておかなければ利息ばかり支払っていることにもなりかねません。
自分の債務状況を自分で知ること、大切なことです。

アコム 10万 利息

消費者金融

2014年1月13日

キャッシングをしてすぐ返済してしまうメリット

急に出かけることになって、現金の持ち合わせがないまま家を出てきてしまった、というときに銀行にも残高がなければクレジットカードなどでキャッシングをするしかありませんね。そんなときのために前もってクレジットカードを作っておく(もちろんキャッシング枠ありのカードにしておきます)、あるいは銀行の口座にカードローン機能をつけておく、または消費者金融のカードを作っておくといった対策をしておくと安心です。

緊急用として一枚そういった借り入れができるカードを持っておくだけで、どんなときにも安心できるというメリットはあります。しかし、即日融資キャッシングをしてお金を借りている状態がどうしても嫌だ、という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には緊急用の使い方として、キャッシングをしたあとすぐ返済してしまうという方法をおすすめします。

現金が全くないわけではない、たまたま持っていなかっただけ、という場合ならお金が用意でき次第すぐ返済してしまいましょう。これなら利息も軽減することができますし、借金している状態を気にする必要もなくなります。

どこでも返済することができるような借り入れ先を選ぶのも効果的ですし、インターネット返済なども可能なキャッシング会社や銀行のカードローンもたくさんありますから、そういったところを選んでおくのもよいでしょう。何度も利用するという方なら、借り入れや返済時のATM利用手数料などにも着目しておきましょう。

消費者金融

2013年11月10日

アコムの親会社の魅力

消費者金融の親会社って、普段利用していて気にするでしょうか。
もう使い慣れていて、なじんできたキャッシング会社だとあまり気にしないかもしれません。
大抵は独立した消費者金融会社、という例は少なくなっています。
アコムの場合は、親会社は有名な銀行です。

アコムのプロフィールや情報を見るとわかりますが、親会社は三菱東京UFJです。
ファイナンシャルグループに属しているので、子会社なんですねアコムは。
この親会社が銀行というのは、安定したサービス供給に魅力があります。
また提供されるサービスのキャッシングにおいても、低めの金利になるという特徴もあります。

親の会社が大きな会社であれば、直接キャッシングに関係がなくとも安心感を持つことができまず。
運営的にも安定しているので、いきなりアコムのサービスが終了、というような緊急事態も起こりづらいものです。
グループに入っているだけでアコムはアコム、魅力的なキャッシングサービスに変わりはありません。
キャッシング、というくくりの中でもアコムはわかりやすく、利用しやすい部類に入っているんです。

アコムがキャッシングで評判を集めているのは、親会社の名前ではありません。
これからもアコムのサービスが続いていくと、さらに発展をしていく可能性もあります。
期間限定で行われるキャンペーンなど、タイミングを見計らってアコムデビューするのもおすすめです。
金利などは変化する可能性が低いので、アコムの金利に納得できるならぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

参考・・アコムは保証人不要ですか?

消費者金融

2013年11月4日

増額の審査にも在籍確認はある

バンクイック増額方法を考えるときにもまた申し込み時と同じように審査があるということを考えておかなくてはなりません。
審査では収入に変わりがないのかどうか、増えているのであれば問題ありませんが減っているのであれば増額は難しいものです。
それだけではなく、返済をしっかりと行っていたかどうか、これは重要視されるポイントです。

審査となれば気になるのは在籍確認ではないでしょうか。
やはり三菱東京UFJ銀行のカードローンと言っても借金には変わりありませんので会社や同僚に知られるというのは避けたいものです。
もちろん、審査になりますので増額の審査の際にも在籍確認の電話があります。
このご時世です。
申込時の勤め先に現在も変わらない状況でいられているのかなどわからないものです。
会社や家族にばれるのではないかと心配になっているでしょう。

会社への在籍確認時に「バンクイックですが」という連絡の仕方はありません。
個人名での連絡になりますので三菱東京UFJ銀行からの連絡と知られることはないでしょう。
ただし、借り入れをしたことがある人がそのでんわを受ければキャッシングの在籍確認であるとわかってしまう可能性もあります。
気になるのであればバンクイックに「三菱東京UFJ銀行」を名乗ってもらうようにお願いをしましょう。
銀行からの電話であれば、定期預金の満期であったり、預金口座についてのことであったり電話があってもおかしくはないものです。

消費者金融

2013年6月18日

アイフルではなにをチェックされるのか

Tags: ,

アイフル株式会社、安定した人気のある消費者金融ですね。
審査ではどのようなことがチェックされるのか、基本的な構成を確認しておきましょう。
まず年齢は必ずあります。
アイフルの場合には20歳から69歳までという年齢制限があります。
契約中に、年齢が70歳になった場合契約は打ち切りになるのかということも気になるかもしれません。
実は打ち切りとまではいかないのですが、70歳になるとそれ以上の借り入れができなくなります。

そのほかに基本的な情報として、勤続先や勤続年数、健康保険の種類があります。
もちろん安定している年収というのもあるでしょう。
年収が高ければ高いほどによいというものではありません。
高ければもちろん融資額も大きくはなります、これは総量規制に関係しているものです。
しかし安定というのは高額とは比例しているものでもありません。
毎月確実な収入があるということが安定になっているのです。
勤続年数が長くなればそれだけ安定している率も高くなります。

家族構成や住居形態も情報の一つとして考えられています。
単身であればそれだけお金を使う項目が少なくなり、持ち家であればそれが財産にもなりえます。
万が一支払いが困難になったときも財産という担保があるのであればそれも返済にあてがうことができるというものです。

どんなことがチェックされるのか、それは大まかに推測することができます。
しかし、それによってどのような結果が出るのか、それは違いが出てきます。

次回はプロミス学生借入について取り上げて行きます。